秘書検定は、実務技能検定協会が主催する文部科学省認定の秘書技能検定試験のことです。秘書検定は、知名度の高い検定試験で、最も人気の高い資格となっており、現在では全国でのべ250万人の人がこの資格を取得しているといわれています。秘書検定は、特に受験資格を設けておらず、性別や年齢にも制限はありませんので、誰でも受験することが可能です。秘書検定試験では、秘書としての業務に関する問題ばかりでなく、電話応対や来客の対応、ビジネス文書の書き方や慶弔時のマナーなど幅広い分野から出題されます。そのため、秘書になりたい人でなくても一般常識として社会生活で役に立つ試験となっているといえるでしょう。秘書検定は、1級、準1級、2級、3級に分かれています。3級では、社会常識、初歩的な仕事を処理する能力が問われ、秘書に必要な基礎知識を試されます。2級では、企業や社会の仕組みと一般的な社会常識の理解、秘書に必要な専門知識や技能の有無を試されるでしょう。準1級では、秘書の職務についてのより深い理解や専門的知識・技能が必要とされる他、10分程度の面接で実技も審査されます。1級では、高度な業務処理の知識やコミュニケーション能力、秘書としての知識・技能に加えて、英検2級以上の実力が必要になります。ロールプレイング形式で行われる面接審査もあり、独学での合格は難しいかもしれません。秘書検定は、秘書検定2級くらいから就職や転職に活かせる資格になるそうです。